24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

年忌法要で具体的になにをすればよいのでしょうか?

故人様が亡くなられた日から数えてちょうど1年後の同月同日を「祥月命日(しょうつきめいにち)」と呼びます。年忌法要は祥月命日に行う法要です。仏式では、仏壇の故人様の位牌に読経し、参列者が線香で焼香します。一周忌と三周忌は規模の大きな法要を営むことが多く、宗派によって異なりますが、三十三回忌までで区切りをつけることが殆どです。法要の会場はご自宅かお寺が一般的で、この日にお墓参りをすることも多いようです。四十九日のように重要な法要では斎場などで行うこともあります。 会場と日時が決まったら、ご親族や故人様と親しかった方などに案内状をお送りします。 法要の後には会食の席を設け、僧侶の法話を聞いたり、生前の思い出話などをしながら故人様を偲びましょう。

\
お電話で相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
ウェブ・対面で相談したい方
/ ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ