24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

お通夜や告別式ではどんな服装をしたらよいのでしょうか?

【参列者の方】
男性の場合、お通夜では、紺やグレーなどのダークスーツでかまいません。ご葬儀・告別式では、ブラックスーツを着用します。どちらの場合も、ワイシャツは白無地、靴や靴下、ネクタイは黒を身に着けましょう。ネクタイピンやカフスボタンは外すのが無難です。
女性の場合、お通夜では紺やグレーなどのワンピースやスーツといった地味な服装に、黒もしくは肌色のストッキングを合わせます。ご葬儀・告別式は黒のアンサンブルやワンピース、スーツに黒いストッキングが一般的です。アクセサリーは真珠の一連のネックレスを。靴やバッグは光沢のない黒で統一し、肌の露出や派手なメイク、ネイルは避けます。

【喪主、喪家の方】
男性の場合は、和装なら黒羽二重染め抜き5つ紋の着物と羽織に仙台平(せんだいひら)の袴、角帯(かくおび)を着用します。足袋は白か黒、ぞうりは黒の鼻緒のものをあわせます。 洋装では黒のモーニングコートが正装です。これは昼間の正装となるのでご葬儀・告別式のみで、お通夜ではブラックスーツを着用します。現在ではお通夜・ご葬儀・告別式を通してブラックスーツ着用が一般的です。ワイシャツは白無地、靴や靴下、ネクタイなどの小物は黒で統一します。 女性の和装は、黒無地染め抜きの5つ紋の着物が正式です。半えりと足袋は白、それ以外のバッグやぞうりなどの小物類は黒に統一します。 洋装ならワンピースやアンサンブル、スーツなどブラックフォーマルに、黒のストッキングをあわせます。バッグや靴などの小物も光沢がない黒に統一します。アクセサリーは白か黒の真珠、黒曜石など一連のものにします。 子どもの場合は学校の制服を、なければ白の襟付きシャツやブラウスに地味な色のパンツ、スカート、上着を着用します。

服装についての関連記事

\
お電話で相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
ウェブ・対面で相談したい方
/ ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ