24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

告別式の後に訃報を知った場合、どうしたらよいでしょうか?

訃報を知った時点でお悔やみの言葉を伝えるか、お手紙に留めておくのがよいでしょう。
弔問や香典については、家族葬などの理由で辞退される場合もありますので、事前に確認が必要です。

もし弔問される際には、ご家族のご都合を考えて、香典や供花もしくは供物などを持って手短に伺います。
直接伺えない場合は、お悔やみのお手紙と香典を現金書留で郵送されてもよいでしょう。

ご家族のお気持ちを優先して、なるべくご負担をかけない方法でお悔やみの気持ちをお伝えください。

訃報の意味を解説。
その手段や内容・連絡するべき人とは?

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-788-8340120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。