24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

関東と関西で骨壷の大きさが違うのはどうしてですか?

拾骨の方法が異なるため、骨壷の大きさが違います。
目安として、日本全体を能登半島と静岡中部で結ぶラインで分けた東側では、すべてのお骨が収まる大きさの骨壷を用意します。
西側はのど仏や頭・足など主要なお骨のみ収める「部分拾骨」となるため、西側のほうが骨壷が小さくなります。

ご遺骨を入れる骨壷の大きさの単位は寸(1寸=約3.03cm)で表します。
基本的に東側では7寸(直径約21cm)、西側では5寸(直径約15cm)ですが、九州地方では6寸(直径約18cm)、広島や山口、九州の一部などではすべて拾骨するなど特殊なケースもございます。

お骨について詳しく解説。故人や遺族の
想いにそった供養の方法も紹介

ご不明な点は、地域ごとのご葬儀にも詳しいファミーユまでお問い合わせください。

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-788-8340120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。