24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

開眼供養(かいげんくよう)とは何ですか?

開眼供養とは、仏壇、お墓、位牌などを新しく購入した際に、僧侶を招いて読経をしてもらい、魂を込める法要のことです。開眼法要、入魂式、魂入れと呼ばれることもあります。この開眼供養を行うことで、仏壇は仏壇としての、お墓はお墓としての、位牌は位牌としての霊験を得ることとなります。魂を込める法要を開眼供養というのは、仏像に由来します。仏像は製作過程の一番最後に眼を書き込むことで完成しますが、この眼を書き込むことを開眼といい、現在の開眼供養の名称へとつながっています。
浄土真宗の場合は本尊に魂を込めるという思想がないため、開眼供養は行わず、御移徙(おわたまし)という慶事の法要を行います。

家族葬のファミーユでは、お葬式の流れやプランなどがよくわかる小冊子やパンフレットなど、ご葬儀に必要な資料を【無料】でお送りしています。お式を執り行なう地域が、ある程度決まっている方にはお近くのエリアの斎場リストもお渡ししております。資料請求(無料)はこちらのフォームからどうぞ。

\
お電話で相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
ウェブ・対面で相談したい方
/ ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ