24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

釘打ちの儀式(くぎうちのぎしき)とは何ですか?

故人様と最期のお別れの後、棺に釘を打つ儀式です。血縁の濃い順に、棺の頭の部分に打ち込まれている釘を形式的に石で2回ずつ軽く打ち込みます。これは昔、棺の蓋がしっかり閉まらなかったために運ぶ途中で開いてしまうことを防ぐためと、穢れとされていた死を封じ込めるために行われていました。釘打ちに使われる石は三途の川の河原の石を意味し、死霊の霊力を封じる力があり、故人様が無事に三途の川を渡り冥土に着けるようにとの願いがこめられています。また、釘打ちをすることで故人様への未練に区切りをつけるという意味もあります。現在の棺は蓋がしっかり閉まるので釘打ちの必要はありませんが、儀式として釘打ちをする仕草だけを残している所もあります。しかし、最近ではこの儀式を省略することも多くなっています。

家族葬のファミーユでは、お葬式の流れやプランなどがよくわかる小冊子やパンフレットなど、ご葬儀に必要な資料を【無料】でお送りしています。お式を執り行なう地域が、ある程度決まっている方にはお近くのエリアの斎場リストもお渡ししております。資料請求(無料)はこちらのフォームからどうぞ。

\
お電話で相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
ウェブ・対面で相談したい方
/ ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ