24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

分骨(ぶんこつ)とは何ですか?

ご遺骨を2か所以上に分けて納骨することをいいます。
先祖代々のお墓が遠方にあるので近くの墓地にも納骨したい、宗派の総本山にも納骨したいというときなどに行います。また、分骨したご遺骨の一部をお墓に納め、一部を海に散骨したり、「手元供養」といってご遺骨をアクセサリーなどに加工して形見として身に付けることもできます。

手続きは墓地への納骨前と納骨後で方法が異なります。
納骨前、つまり火葬の段階で分骨を決められている場合には、事前に葬儀社や火葬場に連絡して手続きを行います。分骨用の骨壷を用意し、火葬場の担当者にお骨上げの際に骨壷に分骨してもらいます。また、火葬場では分骨証明書を発行してもらいます。
一度墓地へ納骨した後に分骨し直す場合は、現在埋葬されている墓地の管理者に分骨証明書を発行してもらう必要があります。まずは石材店の業者の協力を得て、お墓の石を移動して骨壷を取り出します。この際も分骨用に骨壷を用意しておきましょう。

家族葬のファミーユでは、お葬式の流れやプランなどがよくわかる小冊子やパンフレットなど、ご葬儀に必要な資料を【無料】でお送りしています。お式を執り行なう地域が、ある程度決まっている方にはお近くのエリアの斎場リストもお渡ししております。資料請求(無料)はこちらのフォームからどうぞ。

手元供養の方法や遺骨の
保管方法!故人といつまでも一緒に

お骨について詳しく解説。故人や遺族の
想いにそった供養の方法も紹介

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-774-8870120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。