24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

枕飾り(まくらかざり)とは何ですか?

ご安置の際、ご遺体の枕元に置く台のことです。様式は地域や宗派によって異なります。仏式では、白木の台か白い布をかけた小机を用意し、三具足(香炉・燭台・花立て)を置きます。香炉に線香を1本、燭台にはろうそくを1本ともし、どちらも火を絶やさないようにします。花立てには菊の花、白百合などの花か樒(しきみ)を1本供えます。その他、枕飯、枕団子、仏壇の鈴、水などを飾ります。浄土真宗では一般的に枕飯、鈴、水は飾りません。神式では、白木の8脚の台か白い布をかけた小机に、燭台や故人様の好物、洗米、塩、お神酒、榊などを供えます。キリスト教式は小机に白か黒色の布をかけ、燭台にろうそく、十字架、生花、聖書などを置きます。

家族葬のファミーユでは、お葬式の流れやプランなどがよくわかる小冊子やパンフレットなど、ご葬儀に必要な資料を【無料】でお送りしています。お式を執り行なう地域が、ある程度決まっている方にはお近くのエリアの斎場リストもお渡ししております。資料請求(無料)はこちらのフォームからどうぞ。

\
お電話で相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
ウェブ・対面で相談したい方
/ ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ