24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

三途の川(さんずのかわ)とは何ですか?

仏教の世界で、人が亡くなって七日後に渡ると信じられている川とことで、世界中に広く見られる民間信仰です。葬頭川・渡り川・三ッ瀬川ともいいます。此岸(現世)と彼岸(あの世)の境目にあり、生前の罪業の深浅によって渡る場所が3ヶ所に区別されることが、その名の由来です。現世で良い行いをした人は金銀七宝で作られた橋を、現世で軽い罪を犯した人は浅瀬の山水瀬(さんすいせ)を渡ります。現世で重い罪を犯した人は流れが速く激しく波だった瀬を渡らなければならず、さまざまな大苦を繰り返しながらようやく彼岸に着くといわれています。江戸時代からは六文銭を持っていれば無事に橋を渡れる、あるいは六文銭を賽銭として生前の罪を悔い改め、仏に信心するとも考えられるようになりました。

家族葬のファミーユでは、お葬式の流れやプランなどがよくわかる小冊子やパンフレットなど、ご葬儀に必要な資料を【無料】でお送りしています。お式を執り行なう地域が、ある程度決まっている方にはお近くのエリアの斎場リストもお渡ししております。資料請求(無料)はこちらのフォームからどうぞ。

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-788-8340120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。