24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

三方(さんぽう)とは何ですか?

神道の神事において使われる「供物、神酒、水」=神饌(しんせん)を載せるための台です。
折敷(おしき)と呼ばれる正方形の盆に、筒胴(つつどう)と呼ばれる四角い筒がついています。筒胴の三方向に眼像(くりかた)と呼ばれる穴があいているため「三方」と名付けられました。

三方の置き方は、折敷の綴じる部分を人の側に向くようにし、筒胴の穴が空いていない方を神様側に向けます。
三方に素焼きの土器を置き、その上に神饌と呼ばれる供物、神酒、水を備えます。ご葬儀の時には故人様の枕飾りとして、三方の上に洗米、水、お神酒を入れたものを置きます。その左右には真榊とローソクを置きます。

仏教用語では、仏・法・僧で「三宝」と書きます。

「神道」の基礎知識。
神社での参拝手順と神式葬儀も

家族葬のファミーユでは、お葬式の流れやプランなどがよくわかる小冊子やパンフレットなど、ご葬儀に必要な資料を【無料】でお送りしています。お式を執り行なう地域が、ある程度決まっている方にはお近くのエリアの斎場リストもお渡ししております。資料請求(無料)はこちらのフォームからどうぞ。

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-788-8340120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。