24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

喪中の方にお歳暮を贈ってもよいですか?

お歳暮は日ごろお世話になっている方への感謝と「来年もよろしくお願いします」という意味を込めて贈るものです。

お祝い事ではないため、喪中の方にお歳暮を贈っても問題ありません。ただし忌中の間は避け、忌明け後でも「のし」には注意が必要です。水引きなしの無地の奉書紙または短冊に「御歳暮」と書いて贈ります。

お歳暮の「歳暮」は「年の暮れ」を意味します。お歳暮は本来、年の暮れにお世話になった方たちに直接持参してお礼を示すものでした。地域にもよりますが、時期としては事始めといわれる12月13日から12月20日くらいの間です。

現在では12月初旬から25日くらいまでに届くように手配するのが一般的です。四十九日(神式の場合は五十日)が過ぎていない場合は、「寒中御見舞い」「寒中御伺」として松の内(関東:1月1日~1月7日/関西:1月1日~15日)が過ぎてから立春となる2月4日頃までに贈るようにするとよいでしょう。

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-788-8340120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。