精進落としの際、喪主はどのような挨拶をすればよいでしょうか?

精進落としに入る前に、喪主側から、葬儀を無事終えた報告やお礼などを簡単に述べます。終了時にもお礼とお開きの言葉を告げます。

----------------------------

<精進落とし始まりの挨拶例>

皆さまのおかげで、つつがなく葬儀を終えることができました。これもひとえに皆さまのお力添えがあったからこそと、家族一同、大変感謝しております。

ささやかではございますが、精進落としのお膳を用意いたしましたので、ごゆっくりとお召し上がりくださいませ。

<精進落とし終了の挨拶例>

皆さま、本日は誠にありがとうございました。

名残惜しく存じますが、皆さまお疲れかと思いますので、本日はこれにてお開きとさせていただきます。○○亡きあと、どうぞ今後とも変わらぬおつきあいを、よろしくお願い申し上げます。本当にありがとうございました。

----------------------------

挨拶の文例やタイミングなど、ファミーユの担当がしっかりサポートいたします。お困りのことがあれば、どんなささいなことでもご相談ください。ご相談は、フリーダイヤル・0120-774-8870120-110-321もしくはメールフォームで承っております。

\
まずは手軽に相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
じっくり相談したい方
/ 家族葬 ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いしてお話する対面相談 ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ