エンディングノートは、どこに保管するのが良いでしょうか?

ご家族様が気づきやすい場所が適しています。

ご自身にもしものことがあった場合、ご葬儀や相続などを取りまとめて行うのは、ご家族様です。遺言ほどの効力はないものの、エンディングノートにご自身の希望を記すことで、ご家族様の負担は軽減されます。
そのためにもエンディングノートの存在は、伝えておく必要があります。一緒に銀行通帳や保険証、お薬手帳など公的な書類やご自身の状況がわかるものも保管しておくと、より安心でしょう。

ファミーユでは資料請求(無料)された方に「未来ノート」を差し上げています。書き綴ることで、人生が、未来がより充実したものでありますようにという願いを込めての「未来ノート」です。書き方もお伝えしますので、お気軽にお申し付けください。

ご予約やご相談はフリーダイヤルがスムーズです。

▶事前相談の詳細はこちら

日々摘花(ひびてきか)
~まいにちを、たいせつに~

「日々摘花(ひびてきか)」は、様々な分野の第一線で活躍する方々に、大切な人との別れやその後の日々について自らの体験に基づいたヒントをいただくインタビュー記事です。

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-774-8870120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。