24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

彼岸(ひがん)とは何ですか?

春分・秋分を中日にその前後の3日間を合わせた7日間のことを言います。サンスクリット語「paramita(波羅密多)」の漢訳「到彼岸」の略語で、悟りの境地(彼岸)に至ることをさします。浄土教では阿弥陀浄土が西方にあることから、太陽が真西に沈む春分・秋分の日没時に夕日を観ると浄土に行けるとされています。この期間はあの世とこの世が近づくと言われることから、一般的にはお墓参りをしたり、仏壇にぼたもちなどの彼岸団子や故人様の好物をお供えして追悼します。お彼岸に入る日のことを「彼岸入り」、終わる日のことを「彼岸明け」といいます。

家族葬のファミーユでは、お葬式の流れやプランなどがよくわかる小冊子やパンフレットなど、ご葬儀に必要な資料を【無料】でお送りしています。お式を執り行なう地域が、ある程度決まっている方にはお近くのエリアの斎場リストもお渡ししております。資料請求(無料)はこちらのフォームからどうぞ。

\
お電話で相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
ウェブ・対面で相談したい方
/ ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ