24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

葬儀に参列した方に対してのお礼状はどんな内容にすればよいでしょうか?

弔問いただいた方には、そのお礼として忌明け後に香典返しを送ります。その際に一緒に添えるお礼状(あいさつ状)は奉書紙に薄墨の毛筆で書くのが正式ですが、今では定型の書式を使って印刷したものを葬儀社などが用意してくれる場合がほとんどでしょう。

お礼状の内容は、下記の構成で故人様のお名前や戒名、喪主様のお名前、日付を書くのが一般的です。
・香典をいただいたことへのお礼
・納骨や法要がすんだことの報告
・香典返しの品物を送ったことのお知らせ
・書中でお礼を述べることに対してのおわび

文例にすると以下のような形になります。
*********************************************************************
謹啓 
亡【続柄】○○の葬儀にあたりましては ご多用中にもかかわらず
お心の込もったご弔詞並びにご芳志を賜りまして誠にありがとうございました
本日
  【戒名】
四十九日法要を営みました
生前故人が賜りましたご厚情の程深く感謝申しあげます
つきましては供養のしるしまでに心ばかりの品をお送りいたしましたので
ご受納くださいますようお願い申しあげます
まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶申しあげます
謹白

 平成○○年○月○日
                 喪主 ○○○○
*********************************************************************
宗教によって文面は異なりますので、葬儀社に確認すると良いでしょう。

近年では弔問してくださった方に、ご葬儀当日に会葬礼状とともに香典返しをお渡しする「当日返し」「即日返し」も増えています。会葬礼状の一般的な文例もご紹介しましょう。

*********************************************************************
亡【続柄】○○の葬儀にあたりましては ご多用中にもかかわらずご会葬をいただきましたうえ
ご丁重なるご厚志を賜りまして厚く御礼申し上げます
混雑にとりまぎれ 至らぬ点もあったかと存じますが なにとぞご容赦ください
早速 拝趨のうえ ご挨拶申し上げるべきところ
略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます

 平成○○年○月○日
                 喪主 ○○○○
                  外 親戚一同
*********************************************************************
会葬礼状の場合、基本的に時候の挨拶や季節の挨拶文は不要です。頭語の「拝啓」もしくは結語の「敬具」も、どちらも入れないという場合もあります。
故人様のお名前は「亡祖父○○○○儀」という書き方と、「故○○○○儀」という書き方があり、社葬の場合には後者をアレンジして「弊社社長故◯○○○儀」といった形で書きます。
お礼状はあくまでも略儀の一つですので、忙しいなかを参列していただいたことへのお礼の言葉を入れ、本来なら直接お礼を申し上げるところではありますが、書状でのご挨拶となった旨を伝えましょう。
また、差出人の部分に喪主の名前を書きますが、横には「親族一同」と書き添えます。

お礼状も会葬礼状も、定型の文面を葬儀社が手配してくれますが、家族葬のファミーユではオリジナルの文章をおつくりすることも可能です。お急ぎのとき、どのように質問してよいかわからない場合は、フリーダイヤル・0120-774-8870120-110-321がスムーズです。遠慮なく、ご相談ください。

\
お電話で相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
ウェブ・対面で相談したい方
/ ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ