24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

お盆に見かける、なすときゅうりの置物は何ですか?

精霊馬(しょうりょううま)といって、お盆の時期、7月または8月の13日~16日に飾る置物です。ご先祖様の精霊が行き帰りするためのもので、きゅうりを「馬」に、なすを「牛」に見立ててつくります。

行きは馬で早く里帰りができるように、帰りは牛に乗って景色でも見ながらゆっくりと、という意味合いから、きゅうりとなす両方が用いられます。

きゅうりもなすも、ご家庭にあるものでかまいません。きゅうりは曲がっているもののほうが馬の形に似て見えるでしょう。それぞれに、半分に折った割り箸などを4本ずつさして脚をつくります。前後ハの字になるようにさすと、立てやすくなります。どちらもへたの部分が頭となり、きゅうりの馬は仏壇に向け、なすの牛は仏壇にお尻の部分を向けて配置するのが一般的です。


家族葬のファミーユでは、お葬式のことだけでなく、終活から供養まで皆さまに寄り添ってサポートいたします。どんなささいなことでもかまいません。フリーダイヤル・0120-774-8870120-110-321までご相談ください。

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-788-8340120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。