24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

初盆(新盆)の定義とは? お盆との違いをチェック!

お盆はお亡くなりになった方の霊が戻ってくると言われます。なかでも四十九日を過ぎて初めて迎えるお盆は、「初盆」または「新盆(にいぼん)」と呼ばれ、とりわけ丁寧に供養します。
初盆の供養は通常のお盆の過ごし方と何が違うのでしょうか? 初盆の迎え方、招かれた場合に知っておくべき知識やマナーについてご紹介します。

お亡くなりになってから初めてのお盆=初盆は間違い?

お盆の時期は、7月中旬か旧暦の8月中旬となり、東京では7月に行うなど地域によって異なります。どちらにしても13日~16日の期間が多く、故人様やご先祖様の霊が迷わないように、13日の夜には玄関先でオガラを焚いて迎え火をし、16日の夜も同様に送り火をするのが一般的です。お盆前には仏壇や仏具を掃除し、精霊棚(盆棚)を用意して準備します。お盆の間は僧侶を招いての読経、お墓参りなど供養をして過ごします。
「初盆」とは、忌明けとなる四十九日後、初めて迎えるお盆のことです。忌明け前にお盆を迎えた場合は翌年のお盆が初となります。故人様の霊が初めて里帰りをするため、ご親族様以外にも親交の深かった友人、知人を招き、僧侶にお経をあげてもらうなど、通常のお盆よりも盛大な供養となるでしょう。読経後は精進料理でもてなします。故人様との思い出を語らい、改めて感謝の念を抱く大切な日です。

初盆とお盆の違いって?

初盆の流れも通常のお盆と大差はありませんが、忌明け後初めての本格的な法要のため、事前に準備することがいくつかあります。
その一つに「提灯」が挙げられます。初盆にいたっては白い提灯を軒先や仏壇前に飾るならわしがあり、ご親族が贈る場合も。初盆が終われば、白い提灯は菩提寺に納め、お焚き上げなどで、その役目を終えます。
初盆は、僧侶への「お布施」も通常のお盆の場合よりも少し高めの設定です。菩提寺との関係性や地域によって変わりますが1万円~3万円程度が相場とし、菩提寺以外の場所での法要であれば、お車代もお渡しします。法要後の会食を辞退された場合は、御膳料も包みましょう。
参列者の方から「御仏前」としての現金やお供え物をいただいた場合はご葬儀と同様、3分の1から半額程度の引き出物を用意しておきます。表書きは「志」「初盆志」「新盆志」などです。
そのほか、ご親族以外でお招きする人数が多い場合は、案内状を送るケースもあります。

初盆では何をする?法事の準備や
招かれた時のマナーを紹介

初盆に招かれた場合、最低限押さえておきたいポイント

初盆に招かれた場合、迷うのが服装やお香典ではないでしょうか。
服装に関しては、三回忌までは喪服を着用するのが一般的です。特に僧侶を招く場合は喪服が基本です。喪家様の立場であれば、正喪服や準喪服の場合もありますが、ご親族様以外なら案内状に「平服で」とあれば、略式喪服でもかまいません。紺やグレーなど、黒以外の地味な色合いのスーツやワンピース、アンサンブルなどがそれにあたります。
持参するお香典は「御仏前」や「御供料」としてお金を包み、品物の場合は「御供」と記入して渡します。お香典の額は関係性にもよりますが、5千円~1万円くらいが相場といえるでしょう。水引は黒白や双銀などで、結びきりのものを使用します。

お盆は仏事ですが、お亡くなりになってすぐ極楽浄土へ往生できるとする浄土真宗では、初盆でも特別なことはしません。かといって何もしないというわけではなく、お盆の時期には「歓喜会(かんぎえ/かんきえ)」といってご先祖様への感謝と仏法に寄り添う歓びに触れます。宗教や地域、家庭によってお盆の過ごし方はさまざまですが、故人様やご先祖様を敬う想いに変わりはないものです。
ご葬儀後の法要・供養などに関してもフリーダイヤル・0120-774-8870120-110-321でお気軽にご相談ください。メールでのお問い合わせ・資料請求(無料)はこちらのフォームからどうぞ。

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-774-8870120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。