知っておきたい、喪中の常識・非常識

日本人であれば、「喪中」という言葉を何度も耳にしたことがあると思います。ただ、それがどんなものなのかきちんと説明できる人は少ないかもしれません。ご家族やご親戚など大切な方が亡くなって、初めて喪に服す経験に直面したとき、何をすればよいのか、何をしてはいけないのか、その判断に迷う場面もあります。そんなときに慌てずに対処できるよう、基本的なマナーを身につけておきましょう。

忌中との違いは? 喪中の期間はいつまで?

親族が亡くなった後、お祝い事を避けて身を慎むことを「喪に服す」といいます。この喪に服する期間を「喪中(もちゅう)」といいます。死を穢れとみなす考えから来ています。
よく似た言葉に「忌中(きちゅう)」というものがありますが、「喪中」との違いは一言でいうと、「期間」です。「忌中」は四十九日を終えた忌明けまでの期間、「喪中」は亡くなった後の1年間を指します。厳密には、仏式では四十九日までが「忌中」、神式では五十日となります。
キリスト教や浄土真宗では、喪に服するという考え方はないようです。「忌中」も「喪中」もその意味はほとんど同じで、亡くなった親族を悼み静かに過ごすのがマナーです。お祭りやお祝い事に参加するのは控え、年賀状を出すことも自粛します。

忌引き休暇の日数に決まりはある?

近親者が亡くなった際、喪主様や親族の方々は学校や会社を休んで喪に服します。それを「忌引き」といい、そのための「忌引き休暇」は社会的にも認められている特別な休暇です。学校では欠席扱いになりません。社会人の場合、取り扱いは会社によって異なります。
忌引き休暇として取れる日数の目安は、およそ次の通りです。

・公立学校:父母7日 / 祖父母3日 / おじ・おばで1日
・会社:喪主となる場合10日 / 配偶者10日 / 父母で7日 / 子5日 / 祖父母3日 / おじ・おば1日

配偶者の血縁については、父母は3日間、配偶者の兄弟・姉妹は1日というのが一般的なようです。

喪中に控えるべきこと、控えたほうがよいこと

ご家族が控えるべきことは、亡くなった直後の「忌中」期間が多いでしょう。主に、次のようなことを控えます。
・お祝い事(入籍はよいが、結婚式は行わない)
・結婚式への出席
・神社へのお参り
・年末年始の挨拶
・飲酒、肉や魚の摂取(地域による)
もっとも、社会人のマナーとして行わなければならないこともあります。年賀状の代わりに喪中はがきを出す、年賀状でなく寒中見舞いを送る、結婚式に招待された場合には喪中であることを伝えてお断りをするようにする、などさまざまありますが、おつきあいの深さなど関係性も考慮に入れて対応するとよいでしょう。

喪中は、いわゆる“ハレ”の場を避けるというのが基本になりますが、「娘の結婚式は予定通り挙げてほしい」など故人様が希望されるケースもあります。また、身近な人を亡くした喪中の期間は、普段なかなか会うことのない親戚や親族と密になる期間かもしれません。自分たちだけで控えるべきことを勝手に決めるのではなく、相談しあって非常識にならない範囲で行動したいものですね。

ご利用いただいた皆さまの声

ご葬儀をお手伝いさせていただいた方から寄せられたエピソードをご紹介いたします。

日々摘花(ひびてきか)
~まいにちを、たいせつに~

「日々摘花(ひびてきか)」は、様々な分野の第一線で活躍する方々に、大切な人との別れやその後の日々について自らの体験に基づいたヒントをいただくインタビュー記事です。

「34歳の息子からの“最後の電話”」瀬古利彦さん

「34歳の息子からの“最後の電話”」陸上競技指導者 瀬古利彦さん

「妻・上島光がメモした“竜ちゃん語録”」上島光(広川ひかる)さん

「妻・上島光がメモした“竜ちゃん語録”」タレント 上島光(広川ひかる)さん

「父がくれた3つの言葉」歌手・エッセイスト アグネス・チャンさん

「父がくれた3つの言葉」歌手・エッセイスト アグネス・チャンさん

「母・細木数子の“最大の財産”」占術家 細木かおりさん

「母・細木数子の“最大の財産”」占術家 細木かおりさん

「最後の“おすそわけ”」タレント サヘル・ローズさん

「最後の“おすそわけ”」タレント サヘル・ローズさん

「“おやすみ”は必ず笑顔で」タレント 麻木久仁子さん

「“おやすみ”は必ず笑顔で」タレント 麻木久仁子さん

「13年ぶりの“お化粧をした母の顔”」元プロボクサー 藤岡奈穂子さん

「13年ぶりの“お化粧をした母の顔”」元プロボクサー 藤岡奈穂子さん

「母との最後の日々に続けた“発表会”」タレント 青木さやかさん

「母との最後の日々に続けた“発表会”」タレント 青木さやかさん

「湯船で聞いた“勤勉な父の苦労話”」弁護士 北村晴男さん

「湯船で聞いた“勤勉な父の苦労話”」弁護士 北村晴男さん

「父の最後に捧げた“演技”」俳優 佐野史郎さん

「父の最後に捧げた“演技”」俳優 佐野史郎さん

「55年ぶんの伏線回収」プロデューサー おちまさとさん

「55年ぶんの伏線回収」プロデューサー おちまさとさん

「確かにそこにいた娘たち」俳優 赤井英和さん

「確かにそこにいた娘たち」俳優 赤井英和さん

「『なごり雪』の季節に旅立った夫」シンガーソングライター・イルカさん

「『なごり雪』の季節に旅立った夫」シンガーソングライター・イルカさん

「亡き友の墓前で」 お笑い芸人 チャンカワイさん

「亡き友の墓前で」 お笑い芸人 チャンカワイさん

「父は人とともに生きた“昭和の男”」タレント 山田邦子さん

「父は人とともに生きた“昭和の男”」タレント 山田邦子さん

「重過ぎた父の遺言」タレント 松本明子さん

「重過ぎた父の遺言」タレント 松本明子さん

「下から2番目に生まれて」タレント・アーティスト(元大関)小錦八十吉さん

「下から2番目に生まれて」タレント・アーティスト(元大関)小錦八十吉さん

「歌を愛した両親の“旅立ち”」日野美歌さん

「歌を愛した両親の“旅立ち”」日野美歌さん

「駅や空港から送り続けた、母への土産」北原照久さん

「駅や空港から送り続けた、母への土産」北原照久さん

「心の中にいつもいた、海が好きな親父」宮本和知さん

「心の中にいつもいた、海が好きな親父」宮本和知さん

「カメラ越しに向き合った、認知症の母」ドキュメンタリー監督 信友直子さん

「カメラ越しに向き合った、認知症の母」ドキュメンタリー監督 信友直子さん

「紙袋いっぱいの“祖父の孤独”」落語家 柳家花緑さん

「紙袋いっぱいの“祖父の孤独”」落語家 柳家花緑さん

「“おもいで”が心にある限り」歌手小林幸子さん

「“おもいで”が心にある限り」歌手小林幸子さん

「“「戦地の兄から届いた、最初で最後の手紙」作家 志茂田景樹さん

「戦地の兄から届いた、最初で最後の手紙」作家 志茂田景樹さん

「父の死に揺れた“家族のバランス”」タレント 梅宮アンナさん

「父の死に揺れた“家族のバランス”」タレント 梅宮アンナさん

「僕の“終活”は熊との戦い」タレント 厚切りジェイソンさん

「僕の“終活”は熊との戦い」タレント 厚切りジェイソンさん

「父がくれた、何通もの手紙」友近さん

「父がくれた、何通もの手紙」友近さん

「急逝した両親と大往生した愛猫」声優 TARAKOさん

「急逝した両親と大往生した愛猫」声優 TARAKOさん

「母を看取った賛美歌」 音楽伝道者 久米小百合

「母を看取った賛美歌」 音楽伝道者 久米小百合(元・久保田早紀)さん

「2度目のメダル獲得と父の大きな手」元プロマラソンランナー 有森裕子さん

「2度目のメダル獲得と父の大きな手」元プロマラソンランナー 有森裕子さん

「『料理の神様』が手を差し伸べてくれた」 「オテル・ドゥ・ミクニ」オーナーシェフ 三國清三さん

「『料理の神様』が手を差し伸べてくれた」 「オテル・ドゥ・ミクニ」オーナーシェフ 三國清三さん

「唯一の心の師との、出会いと別れ」お天気キャスター 森田正光さん

「唯一の心の師との、出会いと別れ」お天気キャスター 森田正光さん

「父の死と、私の中の『死にたいさん』」タレント・エッセイスト 小島慶子さん

「父の死と、私の中の『死にたいさん』」タレント・エッセイスト 小島慶子さん

「“おもいで”が心にある限り」歌手小林幸子さん

「葬儀には、故人の人柄が表れる」  リポーター・ラジオパーソナリティー 東海林のり子さん

「『白夜行』の中には、亡き父がいる」演出家・映画監督 平川雄一朗さん

「『白夜行』の中には、亡き父がいる」演出家・映画監督 平川雄一朗さん

「その人の人生は、“心住期”に現れる」坂東眞理子さん

「その人の人生は、“心住期”に現れる」坂東眞理子さん

「亡き母を悲しませるようなことはすまいと誓った」テリー伊藤さん

「亡き母を悲しませるようなことはすまいと誓った」テリー伊藤さん

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-774-8870120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。