知っておきたい、喪中の常識・非常識

日本人であれば、「喪中」という言葉を何度も耳にしたことがあると思います。ただ、それがどんなものなのかきちんと説明できる人は少ないかもしれません。ご家族やご親戚など大切な方が亡くなって、初めて喪に服す経験に直面したとき、何をすればよいのか、何をしてはいけないのか、その判断に迷う場面もあります。そんなときに慌てずに対処できるよう、基本的なマナーを身につけておきましょう。

忌中との違いは? 喪中の期間はいつまで?

親族が亡くなった後、お祝い事を避けて身を慎むことを「喪に服す」といいます。この喪に服する期間を「喪中(もちゅう)」といいます。死を穢れとみなす考えから来ています。
よく似た言葉に「忌中(きちゅう)」というものがありますが、「喪中」との違いは一言でいうと、「期間」です。「忌中」は四十九日を終えた忌明けまでの期間、「喪中」は亡くなった後の1年間を指します。厳密には、仏式では四十九日までが「忌中」、神式では五十日となります。
キリスト教や浄土真宗では、喪に服するという考え方はないようです。「忌中」も「喪中」もその意味はほとんど同じで、亡くなった親族を悼み静かに過ごすのがマナーです。お祭りやお祝い事に参加するのは控え、年賀状を出すことも自粛します。

忌引き休暇の日数に決まりはある?

近親者が亡くなった際、喪主様や親族の方々は学校や会社を休んで喪に服します。それを「忌引き」といい、そのための「忌引き休暇」は社会的にも認められている特別な休暇です。学校では欠席扱いになりません。社会人の場合、取り扱いは会社によって異なります。
忌引き休暇として取れる日数の目安は、およそ次の通りです。

・公立学校:父母7日 / 祖父母3日 / おじ・おばで1日
・会社:喪主となる場合10日 / 配偶者10日 / 父母で7日 / 子5日 / 祖父母3日 / おじ・おば1日

配偶者の血縁については、父母は3日間、配偶者の兄弟・姉妹は1日というのが一般的なようです。

喪中に控えるべきこと、控えたほうがよいこと

ご家族が控えるべきことは、亡くなった直後の「忌中」期間が多いでしょう。主に、次のようなことを控えます。
・お祝い事(入籍はよいが、結婚式は行わない)
・結婚式への出席
・神社へのお参り
・年末年始の挨拶
・飲酒、肉や魚の摂取(地域による)
もっとも、社会人のマナーとして行わなければならないこともあります。年賀状の代わりに喪中はがきを出す、年賀状でなく寒中見舞いを送る、結婚式に招待された場合には喪中であることを伝えてお断りをするようにする、などさまざまありますが、おつきあいの深さなど関係性も考慮に入れて対応するとよいでしょう。

喪中は、いわゆる“ハレ”の場を避けるというのが基本になりますが、「娘の結婚式は予定通り挙げてほしい」など故人様が希望されるケースもあります。また、身近な人を亡くした喪中の期間は、普段なかなか会うことのない親戚や親族と密になる期間かもしれません。自分たちだけで控えるべきことを勝手に決めるのではなく、相談しあって非常識にならない範囲で行動したいものですね。

\
まずは手軽に相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
じっくり相談したい方
/ 家族葬 ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いしてお話する対面相談 ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ