戒名にはどんな意味があるの?

戒名は亡くなった人につける名前というのが一般的な認識だと思います。一口に戒名と言ってもそれ自体にはそれぞれの宗派の考えからたくさんの意味が含まれて授けられています。戒名の意味や違いについて各項目ごとにご紹介いたします。

戒名ってどんな仕組みなの?

一般的に戒名と言うと、漢字がいっぱい並んでいるという印象があると思います。全部つながった漢字の羅列に見えますが、実はいくつかに分かれていて、それぞれに意味を持っています。上から「院号(●●院)」、「道号(▽▽))」、「法号(■■)」、「位号(居士)」という4つの部品が組み合わさって「戒名」となるのです。また、本来「戒名」を指すのは「法号(■■)」の2文字だけというのはあまり知られていないかもしれません。「法号(■■)」が基本の「戒名」と言ってもよいでしょう。

戒名のもつ意味とは

戒名は「亡くなったら付ける」と思っている方がいるかもしれません。本来の意味は、仏教において戒律を守ることを誓った者が授かる名前です。となると、生きている間に与えられるのが通常と考えたほうが自然でしょう。しかし、江戸時代頃から寺壇制度が確立すると共に、亡くなった方にも授戒して仏の弟子として浄土に送ることが一般的となりました。その流れは今も継承され、お通夜の日にお寺様が白木の位牌に亡くなられた方の戒名を書いて授けてくださいます。

戒名をつけてもらうには?

一口に「戒名」と言っても、例えば「院号」を付ける付けない、「位号」の位を上位にするなど様々な組み合わせが考えられます。その昔、「院号」を授かるのは、社会的貢献度の高い方やお寺を建立するほどの貢献をした人と限られていました。今でも多少なりともそれを考慮して授けられることはあり、先祖の位牌を基準にして位を授けていただくことが一般的です。

宗教観が薄れた今では「戒名」自体、必要がないものと捉える人も少なくありません。ただし、生きているうちに戒名を授かってみると、そのありがたみに気づく人もいます。菩提寺がある人は、一度訪れてみてはいかがでしょうか。終活や葬儀、供養についてご不明な点があれば、フリーダイヤル・0120-774-8870120-110-321でお気軽にご相談ください。メールでのお問い合わせ・資料請求(無料)はこちらのフォームからどうぞ。