24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

警察が死亡確認をするのは、どのようなときですか?

病院でお亡くなりになった場合、医師から臨終を告げられ、死亡診断書を受け取ります。

また、自宅で治療中にお亡くなりになった場合でも、24時間以内に診察を受けていれば、かかりつけの医師から死亡診断書を受け取ることができます。

24時間を過ぎていてもかかりつけ医の診察により、治療中の傷病と同じであれば、死亡診断書を作成してもらえる可能性が高いです。

しかし、事故死や突然死、自殺では、警察医と監察医による検視・検案が必要なため、警察に連絡しなくてはなりません。

入院中でも治療中の病気や外傷が原因でなく、お亡くなりになった場合は110番に電話をします。老衰などの自然死でも、主治医が不在の状況下では、一見して死因が特定できず、警察を通すことになります。

いざというときに慌てない。
死亡診断書の受け取り方

身近な方がお亡くなりになった悲しみのうえ、警察に足を運ぶというのは、激しく動揺するものです。どのように対処すればよいか、まず何を行えばよいか、そんなときは迷わず、ファミーユへご連絡ください。

▼関連記事「警察で安置(検視・検案・法医解剖等)との連絡があった場合には?」

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-788-8340120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。