24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

お盆は7月と8月に行う場合がありますが、違いは何ですか?

明治時代の改暦後、お盆は7月中旬(新盆)と8月中旬(旧盆)の二つの時期に行われるようになりました。
主に東京では新盆、それ以外の地域では旧盆が定着しています。

いずれも13日~16日に行事を行う場合が多く、お墓参りや盆棚、提灯を飾るなど、内容は新盆・旧盆に限りません。
ただ地域の風習による違いがあるため、初盆・新盆(故人様がお亡くなりになって忌明け後、初めて迎えるお盆)の際は確認が必要です。
浄土真宗では、お亡くなりになったあとは即座に極楽浄土へ往生するとされ、お盆に特別な供養を行わないなど宗教上の死生観によっても異なります。

お盆とはどんな風習?
意味や過ごし方を理解しよう

家族葬のファミーユでは、お葬式の流れやプランなどがよくわかる小冊子やパンフレットなど、ご葬儀に必要な資料を無料でお送りしています。
お迎えから葬儀後のアフターフォローまでお客様のニーズに合わせて、きめ細かく対応していますので、ご不安なことはお気軽にご相談ください。

▶資料請求(無料)はこちら

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-788-8340120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。