遺贈(いぞう)とは何ですか?

遺言によって自分の意思で特定の人に遺産を贈与することです。相続権をもたない第三者や法人にも譲渡することができ、受ける側の人を「受遺者」といいます。家や土地などの財産を特定して渡す「特定遺贈」と、財産の○割を譲るといったように割合を指定する「包括遺言」があります。遺贈は、遺言者が生きている間は放棄できませんが、死後は放棄することができます。相続などご葬儀後の手続きも、フリーダイヤル・0120-774-8870120-110-321でお気軽にご相談ください。

関連する質問を見る