亡くなった後に戒名を決める場合の注意点はありますか?

戒名とは仏の弟子になった証として与えられる名前。浄土真宗では法名、日蓮宗では法号と呼ばれることもあります。
亡くなったあとにつけてもらうもの、と考える方もいらっしゃいますが、本来は生前に授かるものです。
亡くなったあとですと、ご家族が決める場合が多いでしょう。それでは負担がかかるので、最近では生前に準備する方も増えています。また、ご自身の戒名を知っておきたいという方もいらっしゃいます。菩提寺があり、いずれ...と考えているなら、事前にご用意されることをおすすめします。
菩提寺がないという方は、ファミーユでご紹介も受け付けています。お気軽にご相談ください。