24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

尊厳死とは何ですか?

「尊厳死」とは、回復の見込みがない末期状態の患者本人の意思により、過剰な延命治療を打ち切り、自然な死を迎えさせることをいいます。

尊厳死を望むときにまず家族と意見を合わせることを最優先にしましょう。また、患者本人が意識のない場合、ご家族が本人に代わって医療行為の中断の最終決断を下すことになります。

「尊厳死宣言書」とも言われるリビング・ウィル(終末期医療における事前指示書)は、患者本人が終末期を迎えたときに、延命治療を中止するという宣言するための書面です。

ただ、尊厳死が法制化されていない現在、リビング・ウィル自体に法的効力はありませんので、その内容通りに延命治療を中止できるとは限りません。

ご家族が病気など危篤になった場合、万が一備えたいという方はお気軽に家族葬のファミーユにお電話ください。また、ご葬儀の資料請求(無料)も承っておりますので、ぜひご利用ください。

リビング・ウィルの必要性。
自分らしく人生を締めくくるために

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-774-8870120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。