24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

香典代わりに供花や供物を送ってもよいですか?

お通夜やご葬儀の際、霊前に飾る花や品物をそれぞれ「供花(きょうか)」「供物(くもつ)」といいます。
供花や供物は会社や団体で連名にして送ることが多く、関係性によって別途個別で香典を包む場合もあります。個人では香典のみか、香典に供花または供物というのが一般的でしょう。

また、近年は家族葬で香典を辞退するケースが増えてきています。
参列できなかった方は、弔意を表すため香典代わりに供花や供物を贈ろうと考えるかもしれません。その際は、祭壇スペースの事情もあるため、喪家様に前もって確認をとってから手配するようにしましょう。お通夜なら当日の午前中まで、ご葬儀なら前日までに届くように早めに手配しましょう。 こちらからスムーズにお申し込み可能ですので、ぜひご利用ください。

ただし「ご厚志辞退」のご案内があれば「何もしない」のが好ましいです。香典や供花などをお送りすると、当然ながらご家族は返礼品などのお礼を考えることになります。ご家族のご負担にならないようにするという気遣いのかたちもございます。

供花の手配の仕方とは?知っておきたい
供花のマナー・相場をご紹介

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-788-8340120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。