24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

社葬・合同葬の場合、弔電の宛先はどこになりますか?

個人のご葬儀では喪主様が宛名となりますが、社葬や合同葬の場合は主催者のうち関係性の深い方(かた)を宛名にしましょう。主催者とは喪主様もしくは葬儀委員長様となるのが一般的で、どなたが務めるかは社葬・合同葬の案内状に記載されています。葬儀委員長とは、ご葬儀を進行するうえでの最高責任者で、代表取締役など企業のトップが務めるケースが多々あります。
送り先はご葬儀が行われる式場(斎場・葬祭ホール)で、ご葬儀・告別式の前日までに届くように手配しましょう。不明な点があれば、その社葬や合同葬を担当する葬儀社にお尋ねするのがスムーズです。葬儀社がわからない場合は、案内状に記載されている式場に問い合わせするのも手です。その他、一般知識やマナーとしての弔電に関する「よくある質問」も参考になれば幸いです。

\
まずは手軽に相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
じっくり相談したい方
/ 家族葬 ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いしてお話する対面相談 ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ