24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

四十九日(しじゅうくにち)とは何ですか?

故人様がお亡くなりになってから、四十九日目に行われる法要のことを指します。「七七日忌」や「忌明け法要」ともいわれ、一般的にはこの時期を境に忌中が明け、祝い事への出席などが可能となります。必ず四十九日目に行われるという訳ではなく、出席者の都合に配慮する形で、四十九日目より前の日曜に行われることも少なくありません。仏教では、人の死後四十九日間は魂がさまよっているとされ、死者が成仏できるよう七日ごとに供養を行います。そして、七の七倍の期間、つまり四十九日目に死者の行き先が定められると考えられています。七日ごとに供養を行うのは、七日ごとに閻魔大王などの各審判官によって審判が下されるためともいわれています。

家族葬のファミーユでは、お葬式の流れやプランなどがよくわかる小冊子やパンフレットなど、ご葬儀に必要な資料を【無料】でお送りしています。お式を執り行なう地域が、ある程度決まっている方にはお近くのエリアの斎場リストもお渡ししております。資料請求(無料)はこちらのフォームからどうぞ。

\
お電話で相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
ウェブ・対面で相談したい方
/ ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ