親にもしものことがあったとき、近親者にはどの範囲まで知らせればよい?

危篤や臨終を告げられたら、近親者に連絡します。一般的に三親等の範囲が目安となります。一親等は両親や子ども、配偶者の父母で、二親等は祖父母や孫、兄弟姉妹、配偶者の兄弟姉妹、三親等は伯父・伯母・甥・姪・曾孫です。遠方の親族には移動の都合も考え、優先して連絡します。
お世話になった友人知人や地域、会社関係のなかでも、ご本人様が存命のうちに会いたい、会わせたい人がいたら危篤を告げられたときに連絡しましょう。
前もって「危篤」「亡くなったあと」「ご葬儀」のタイミングで連絡する方のリストを作っておくと、もしものときに慌てず行動できます。そのためにも普段から家族間で交友関係を把握しておくことが大切です。親戚づきあいが密でない場合、簡単な家系図をつくっておくのも手です。
いざというときは誰しも慌てて冷静に行動できないものです。段取りばかりに追われて、大切な方をきちんとお見送りできなかったと後悔しないように、ファミーユの担当がしっかりフォローします。また、生前・事前相談も受け付けておりますので、ご心配な方がいて不安なときはいつでもご相談ください。ご相談は、フリーダイヤル・0120-774-8870120-110-321もしくはメールフォームで承っております。