24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る
スマホからもOK!24時間、深夜・早朝も迅速対応
30秒で入力完了 メールで資料を受け取る

キリスト教徒でも、喪中はがきは出すのが礼儀でしょうか?

日本の慣習にならって、喪中はがきを出されるのが無難です。
新年のご挨拶のやりとりをしている方や、会社関連などの気づかいも含めて、社会的に必要とされるケースがあります。

喪中はがきはいつまでに、
誰に出すもの?文例も紹介

キリスト教には「喪中」や「忌中」という概念はありません。同じキリスト教でもカトリックでは「帰天」、プロテスタントでは「召天」となり、それが「喪中」「忌中」にあたる言葉に近いといえるでしょう。

家族葬のファミーユでは、お葬式の流れやプランなどがよくわかる小冊子やパンフレットなど、ご葬儀に必要な資料を【無料】でお送りしています。お式を執り行なう地域が、ある程度決まっている方にはお近くのエリアの斎場リストもお渡ししております。資料請求(無料)はこちらのフォームからどうぞ。

通話無料

24時間365日、お気軽に相談ください
0120-788-8340120-110-321

通話無料

休日・深夜・早朝対応可
メールでのご相談はこちら
※ ご相談いただいても、当社に依頼いただく必要はございません。
※ 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。