笑顔でもOK!? 奇跡の1枚で"らしさ"満載のセレモニー

大切な方がお亡くなりになり、ご葬儀を依頼する際、まず必要とされるのが「遺影」です。遺影は、お葬式のあいだはもちろん、そのあとも仏壇に並べられます。いつもご家族のそばに飾られるものだから、自分らしい、その人らしい1枚を選びたいですよね。今回は後悔しない、遺影の選び方や撮影のポイントをご紹介します。
遺影に関する「よくある質問」

今ある写真から遺影を選ぶポイント

iei_famille03.png写真が複数枚ある場合、候補選びの一つとして「ピントが合っている」「胸から上の比較的アップ」「1人か、多くても2、3人で写っている」「解像度の高いデータ(プリント・デジタル・ネガどれでも)」を重視してピックアップしましょう。
遺影写真の大きさは大体、A4サイズといったところ。集合写真などの小さいものや、ピントが合っていないものをそのサイズまでひきのばすと、画質が荒くなってしまいます。そのため、くっきり写っている画像を優先的に選びましょう。背景はスッキリしていたほうが、人物がより際立ちます。
1枚にしぼれない場合は、2~3枚ほど葬儀社の担当に渡しておくと、最適な写真を選んでくれるでしょう。

自由度が増している遺影。趣味や個性を生かしたものも。

iei_famille02.pngひと昔前の遺影写真といえば、正面を向いて正装したものが主流でしたが、今はその人らしさが表れたものが好まれます。普段着や笑顔のスナップのほうが生前を想起しやすく、ご家族が仏前で語りかけやすいでしょう。 最近は終活の一環として、前もって遺影を撮影する方もいらっしゃいます。ご家族やお仲間など気の置けない人たちといるときは自然な表情になるため、イベントやレジャーでは積極的に撮影タイムをとりましょう。また、ご家族で定期的に記念撮影をするのもおすすめです。
「写真だと気恥ずかしい」という方、絵が趣味の方は似顔絵や肖像画にするのも◎。お顔が小さな写真なら、無理に引き伸ばそうとせず、お気に入りの旅行先や行きたかった場所と合成するなど工夫できます。ご家族で額をお花で飾るのも素敵な演出です。写真にしろ、絵にしろ、気に入ったものは普段から額に入れて家に飾っておくと、ご家族も思い出深い1枚を選びやすいでしょう。

家族葬のファミーユで奇跡の1枚が生まれるかも?

終活の認知度が高まりつつあるなかで、プロの写真家を招いて遺影を撮影してくれるイベントやセミナーが増えてきています。ただ撮影するだけでなく、額に入れて送ってくれたり、プロのヘアメイクがあったりするものも。
家族葬のファミーユホールでも定期的に「遺影撮影会」を開催しています。プロのカメラマンがリラックスした雰囲気のなかで魅力的な表情をカタチにしてくれます。実際にご利用になった方々は、「遺影」というより記念写真という感覚で、ご夫婦やお仲間と一緒に足を運んでいらっしゃいます。スケジュールはイベント情報Facebookでご確認いただけます。「ホール見学をしたい」「終活やご葬儀の相談をしたい」という方もこの機会をご活用ください。


iei_famille01.pngデジタルカメラやスマートフォンの普及で幅広い世代の方々が日常的に写真を撮るようになりました。ベストショットがたくさんありすぎて選べない、なんて声も多くなりそうです。最後のセレモニーの場に飾るのは、遺影写真1枚だけという制限はありません。
ファミーユのオリジナルプランなら、写真以外にも人生年表や生演奏など、その人らしさがあふれる思い出いっぱいのご葬儀が実現できます。
資料請求やホール見学、ご葬儀に関するご相談は、フリーダイヤル・0120-774-8870120-110-321で24時間365日承っております。